2017年03月24日

日常のなかでの統合法(#^.^#)

アルケミア・ディサイプル∞の木下です。

前回ご紹介しました統合法を日常でも使ってみました。

最初は、どうしてもタクシーで行かなければならないところがあり、ずっと大通りで待っていたのですが、来てもみんなすでに乗っている。
そんな時間帯とは知らず待っていた私は、これではもう間に合わなくなるというギリギリに、そうだ統合法を試そうと思い「空いているタクシーが来たら→助かる・嬉しい」(+)、「このまま空いているタクシーが一台も来ない→焦る・困る」(−)を
統合してあくびが出て落ち着いたら、また人が乗っていているタクシーが来たのですが、なんと目の前で人が降り、無事に乗り込むことができました。
でも、これはたまたまのことかもしれません。
こういうことは統合したからという証明にはなりにくいと思いますが、日常の統合の練習とか、こんな感じなんだみたいな積み重ねにいいと思います!

で、大きな問題ではなく、次に、たまたま「太王四神記」という大好きな韓国歴史ドラマの説明をする機会があり、好きなゆえに簡潔にまとめられず困っていたので、
「簡潔にまとめられない」(−)と、「素晴らしさを簡潔に伝えられる」(+)を統合してみました。
すると、安田先生がこの物語からたくさんのことが学べますと、非常にわかりやすくすっきりと要点をまとめてくださった文章が来てびっくりしました。
これは、自分がまとめたものではないのですが、目的である「簡潔にわかりやすくまとめたものを相手に伝える、という目的を叶えてくれるものがやってきたということで、自分がまとめなければだめという(文章力をつける目的とか、自分がそれによって満足する)ものではない、そんな流れになりました。

流れとは面白いもので、人を介してくる時もあれば、直接来ることもあり、その仕組みや法則はまだ解明されていないのですが、これを使う中で、漠然とですが、何かの力が働いていることを私は実感しています。
ぜひ、お試しを。

この不思議を貴方にも!!
posted by シルフィードの風 at 08:58| 木下朋枝